kinstugipostcard.jpg

藤村本家   漆・金継ぎ工房

   藤村本家は、近江日野にある築240年の近江商人宅です。江戸から続く酒蔵の本家として客人の多かったことを物語るように残っていた食器乾燥部屋。かつて漆器で栄えた近江日野で、食器を乾燥させるためだけに使われていたこの建屋を改装し、藤村本家 漆・金継ぎ工房にいたしました。

   漆は縄文時代から修復に使われてきました。強度と質感に優れた日本産漆と自然素材のみを用い、陶磁器やガラス製品、漆器など大切に修理させていただきます。割れや欠けを隠さず活かすことで、持ち主様の想いも繋いでいきたいと思っています。純金を用いた金継ぎのほか、銀継ぎや色漆仕上げなどご希望に応じて承ります。

IMG_3469.JPG
 

金継ぎ教室

   築240年の近江日野商人宅で、かつて食器乾燥部屋として使われていた建屋を改装した「藤村本家」工房での国産本漆を使った漆・金継ぎ教室です。毎回、生徒さんのご都合の良い日程とお時間でご予約いただき受講いただけます。

   化学合成系材料を使った修復とは違い、完成まで時間がかかりますが、想いや思い出のある大切なものをご自身の手で丁寧に修復する醍醐味を感じていただければと思います。

   修復するものの状態にもよりますが、完成までに必要なお教室の回数は、簡単なものでも「ひび」で5回くらい、「欠け」で6回くらい、「割れ」で7回くらいです。初めての方でも、小さなものでしたら2つか3つくらいの器を同時進行でお直しできます。

   お手持ちの器がない場合もご相談ください。

受講料

 ・入会金8,000円(税別)

 ・3回分12,000円(税別)※1回2時間程度
 ・漆などの材料費消耗品費込み。(道具類も無料でお使いいただけます)
 ・金粉は各自別途ご購入いただきます。
   

持ち物

 ・割れ、欠け、ヒビなどを修復したい器

(木製品、陶磁器など。簡単なものであればガラス製品も可。パーツの失くなったものでも再生可能です)

 

金継ぎオンライン教室

   ZOOMを使ったオンライングループ教室を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。


   道具と材料は各自ご購入いただきます。購入可能な店舗などのご案内もいたしますので、各自ご購入ください。ご希望の方には道具材料一式揃えてお送りすることも可能です(金粉以外の道具材料費は8000~10000 円程度。金粉は時価ですが、1gにつき10000円前後。税別。オンライン講座お申し込み時に正式お見積もりいたします)

受講料

 ・入会金なし

 ・グループレッスン(最低催行人数3名様) 

  一人当たり:3回分10,500円(税別)

    ※1回1時間半程度

 

金継ぎ体験ワークショップ

   漆・金継ぎを、所要時間2時間ほどで実際に体験していただくワークショップも開催しております。

   Aコース:各工程の器を使い、国産漆を使った本金継ぎのいろいろな工程を体験していただきます。ワークショップ後半では、こちらで用意いたしました器に金粉を蒔いていただきます。乾燥後、当方にて仕上げを行い、後日郵送などの方法お渡しいたします。


受講料:8,000円(税別)

所要時間2時間(ご相談ください)       

※器、材料費、金粉代込み。海外への送料は別途いただきます。 
       

   Bコース:修理したい器をお持ちいただき、最初の工程をご自身で行っていただきます。その後完成までの修理を別料金にてご依頼いただくことも可能です。


受講料:2時間 5,000円(税別)

持ち物:割れ、欠け、ヒビなどを修復したい陶磁器。

(パーツの失くなったものでも再生可能です)

 

金継ぎ修理

   国産本漆を使い修復いたします。破損状況、仕上げ(金、銀、真鍮、錫、色漆など加飾の種類や方法、デザインの有無)などによっても料金が変わります。ご依頼の前に、ご依頼者様の思いやご希望をお伺いし、無料でお見積もりさせていただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。


割れ 6500円(税別)~
欠け 4000円(税別)~

ヒビ 3000円(税別)~

 

お問い合わせ:
kintsugi@fujimura.house

 

Fujimura House
Urushi & Kintsugi Workshop

   Fujimura House is an old merchant’s home in Hino, Shiga, built around 1780. Hino was at one time an important centre for urushi lacquerware production, and the Fujimura household, a family of wealthy sake brewers, would have had ceramic and lacquerware dishes and trays of all shapes and sizes to cater for the many guests they received, with a special outhouse dedicated specifically to drying them. Now that building, where the family’s many urushi dishes were once dried, has been renovated and reborn as Fujimura House Urushi & Kintsugi Workshop.

 

   Urushi lacquer has been used in Japan to repair broken items since prehistoric times. To guarantee strength and quality, I use traditional techniques and only natural Japanese urushi to repair ceramics, glass and lacquer items. Cracks and blemishes are not hidden, but rather brought to the fore - a reflection of you, the owner’s, wishes. Whether you would like traditional kintsugi using 24 carat gold, or prefer silver or coloured urushi, I am happy to oblige.

 

   I also hold kintsugi workshops if you are interesting in learning more about this ancient art.

 

   For details and enquiries, please feel free to contact me at the address below.

792 Okubo, Hino, Gamo, Shiga, Japan 529-1603

kintsugi@fujimura.house